信頼性のある店舗の見分け方!

  • チェック

先日、昨年当業界に参入されたクライアント様より、
ホームページ上で優良なお客様に対して、信頼性を得る方法について質問がありました。

もちろん、対応や、ホームページ上の隅々に至るまで、
魂がこもっているかなど必須項目は多々あるのですが、

『現代を生きる優良なお客様』をターゲットにビジネスを展開する場合の答えは、以下の通りです。

簡単です!
ホームページの一番下にある、Copyright(C) 年代 (店舗名) All Rights Reserved.

年代の入っていない店舗は、優良なお客様からの信頼性に欠けまし、
税務上目を付けられやすくなりますので注意が必要です。

当ビジネスに限らずですが、
新しい店舗(会社)か、歴史のある店舗(会社)を示すことは
ビジネス(サービス業)を行う上で、お客様に対しての礼儀だと思います。

現代を理解している優良なお客様をターゲットにビジネス展開をする場合の必須項目条件の一つといえるでしょう!
月日と共に売り上げを伸ばしたいと考えるオーナー様でしたらお解りいただけるはずです。

一時的にデザイン性や写真でごまかせたとしても、
歴史はごまかせませんから^^)

以上です。





| 未分類, 武田 國男 ブログ

Facebookコメント

Powered by Facebook Comments